スマホサービス比較

eFAXスマホアプリ使用方法

クラウドデータもeFAXで楽々送信

インターネットFAXの仕組みとは<不安な方はチェック>

FAXというと、紙に書かれた文字や画像が送れるものというイメージを持っている人が多いかもしれません。FAX機で送受信をすると、本当にそのような状態で文字や画像が相手先に届きます。

 

しかし、インターネットが普及した現在、インターネットFAXを導入する企業が増えてきました。FAXの送受信にFAX機や紙を必要としないインターネットFAXとはどのような仕組みのサービスなのでしょうか?

 

■従来のFAX機のプリントアウトの部分だけが省かれている

従来のFAX機を使った送受信の場合、パソコンで原稿を作成したときは一度プリントアウトして、その原稿をFAX機で読み取って電信用の信号に変換した後、相手先のFAX機でもう一度文字や画像になるように変換してプリントアウトするという形で行われていました。

 

インターネットFAXは、そのプリントアウトの部分を省いた形と考えるのがわかりやすいかもしれません。
原稿を送る側がインターネットFAXであれば、プリントアウトすることなくデータのままEメールに添付し、そのデータを相手先のFAX機で文書や画像の形で出力します。逆に受け取る側がインターネットFAXの場合には、相手先がFAX機で読み取って電信用の信号として送ってきたものが、サーバーでPDFファイルに変換され、それがEメールに添付された形で届きます。ですから、インターネットFAXを使っている人にとっては、ちょうどプリントアウトの部分だけが省かれた形になるのです。

 

■インターネット回線を使って送受信

インターネットFAXの最大の特徴は、FAXの送受信にインターネット回線を利用しているという点です。通常のFAXは電話回線を利用しており、回線の基本使用料がかかる他、距離により送信の際にかかる通信料に差が出ます。

 

その点、インターネットFAXは、パソコンでインターネットが使える環境にさえなっていれば、改めて回線を用意する必要がないのです。
つまり、今や多くのオフィスや家庭でインターネットを使える環境が整っていますから、ほとんどの場合、改めて回線を準備する必要が無いことになります。

 

パソコンからEメールと同様に送信されたデータは、インターネット回線を使用し、サーバーを経由します。その際にFAXデータに変換され、相手先のFAX機でも受信できる形になるのです。相手先のFAX機から自分のFAX番号に宛てて送られるデータは、サーバーでPDFファイルに変換されるため、Eメールに添付された形で届けられます。

 

この時、本文の部分に表示されるのは、従来のFAXにおける送付票に当たるものです。
インターネットFAXから送信する場合にも、本文の部分に書いたものが表紙となりますから注意しましょう。