eFAXの使い方解説

PDFや画像データをFAXで送る方法!ネットで簡単に送信出来るサービスを比較

パソコンからfaxを送るには?

PDFデータをFAXで送りたい時、普通のFAX機であれば一度プリントアウトする必要がありますが、インターネットFAXならPCやスマホから直接データのままFAXで送信出来ます。
このページでは、データをFAXで送る方法PDFを送信出来るFAXサービスを比較・解説します

インターネットFAXならPDFデータをFAX出来る!

画像データをFAXで送ろう

まず最初に、画像データをFAXで送る手段として紹介したい「インターネットFAX」について軽く説明します。

 

他のページでも紹介していますが、インターネットFAXとは、FAX回線ではなくインターネット回線を通してやりとりするFAXです。
こう聞くと「Eメールで情報をやりとりするのと何が違うの?」と感じる方も多いと思います。
インターネットFAXの特徴は、「通常のメールと違い相手がFAX機でもこちらはスマホやPCでFAXの送受信を行える」ということ!
つまり相手にメールの使用を強要することなく、FAXのやりとりを続けることが出来るんです♪
しかもFAXとして送受信出来る画像形式は、PDF他多岐にわたります。

 

インターネットFAXなら、スマホ1台あればどこでもPDFのやりとりができますよ♪

PDF以外にどんなデータを送る事が出来る?

ネットFAXでPDF以外に送れるデータは?

では、PDF以外にはどのような画像データをFAX出来るのでしょうか?
最初のページでも紹介していますが、わかりやすくする為にPDFも含めた表にしてみました!

eFax PDF、JPEG、PNG、GIF、TIFF
MOVFAX PDF
秒速FAX PDF
message+ PDF、JPEG、PNG、TIFF
03FAX PDF、JPEG、PNG
FAX.PLUS フリープラン PDF、JPEG、TIFF
HellofFax フリープラン PDF、JPEG、PNG、GIF
jFax PDF

 

一番幅広く画像データをFAX出来るのはeFax
また、message+とHelloFaxも4種類の画像データを送ることが出来ます。

PDFや画像を送信出来るFAXサービス5選比較

PDFなどが送れる各社を比較してみました

続いて、PDFや画像データを送信出来る主要5サービスをその他の利便性も含めて比較してみました!

(スマホの方は横スクロールでみられます >>)

eFax message+ MOVFAX 秒速FAX jFax
PDFデータ
画像データ


JPEG、PNG、GIF、TIFF


JPEG、PNG、TIFF

× × ×
ワード × ×
エクセル × ×
パワーポイント × × ×
利用可能電話番号

世界46カ国3,500都市、
全国47都道府県の市外局番

IP 050

IP050
+月110円で
東京03、大阪06、神奈川045

IP 050 東京03、IP 050
公式サイト >>eFax公式サイト >>message+公式サイト >>MOVFAX公式サイト >>秒速FAX公式サイト >>jFax公式サイト

 

こうしてみると…

  • 幅広いデータをFAXしたい
  • FAX番号を自由に選びたい

こんな方にはeFAXがおすすめだと分かります!

 

↓↓タップして【eFax】公式サイトへ
efax公式頁へ

PDFをFAXで送る方法を解説

実際に送信する方法紹介

次に、FAXでPDFを送る方法を解説していきたいと思います。
各社で少しずつ違うので、比較表の順に調べていきますね。

eFaxでPDFを送る方法

まずは、おすすめナンバーワンのeFaxでの送信方法からです。

 

eFAXでのPDF送信方法

  1. 宛先の項に、「日本の国番号81+相手のFAX番号の市外局番先頭の0をとった数字列+@efaxsend.com」を入力する
  2. FAXとして送りたいPDFを添付する
  3. 送付状を付けたい場合は、メールの本文に記入する
  4. 送信する

宛先欄以外の部分は通常のメールと変わりないので、スムーズに使えます!
パソコンから送る場合も、アプリを利用してスマホから送る場合も、同じ流れで送信できます。

 

message+でPDFを送る場合

次に、message+でのPDF送信方法です。

 

管理画面から送信する方法

message+でのPDF送信方法

  1. message+の管理画面にログインする
  2. 相手のFAX番号を入力する
  3. 「ファイルを選択」の項目で、送りたいPDFを選ぶ
  4. 送信する

 

通常のメールを使用して送信する方法

message+でのPDF送信方法

  1. 普段使用しているメールソフトで、宛先の項に「相手のFAX番号+@mailfax.messageplus.jp」を入力する
  2. FAXとして送りたいPDFを添付する
  3. 送信する

パソコンの場合は、message+の管理画面・通常のメールのいずれからでも送信できます。
スマホから送信する場合は、アプリを起動して送信するのが手軽でおすすめですよ。

 

MOVFAXでPDFを送る場合

次に、MOVFAXでPDFをFAX送信する方法を調べてみました。

 

MOVFAXの管理画面から送信する場合

movfax管理画面

  1. MOVFAXの管理画面にログインする
  2. メニュー欄から送信BOXを開き、新規送信を選択する
  3. 「原稿ファイル」の項で、送りたいPDFを選択しサイズを指定する
  4. 送信先のFAX番号を入力する
  5. 送信する

MOVFAXでは、後々の検索や分類の為に送信メモを残したり、FAXを送信する時間を指定することも可能です。

 

通常のメールで送信する場合

普段使用しているメールソフトで送信する事も可能です。
この場合、下記の手順で送信しましょう。

  1. 宛先にFAXを送信してくれるMOVFAXのアドレスを入力する
  2. 件名にMOVFAXのログインIDを入力する
  3. 送りたいPDFを添付する
  4. 本文に、パスワード・送りたい相手のFAX番号・送信先の名前・送信日時・原稿のサイズなどを記入する
  5. 送信する

この方法でPDFを送るには、あらかじめMOVFAXのユーザー管理でメールからのFAX送信を可能にし、パスワードを登録しておく必要があります。
また、本文部分(公式ページではパラメーターと表記されています)の改行などを間違えると送信エラーになってしまうそうなので気を付けましょう。

 

秒速FAX(秒速FAX送信)でPDFを送る場合

最後に、秒速FAX送信からPFを送る方法を紹介します。
秒速FAXから送信するにも、2つの方法があります。

 

秒速FAX送信管理画面(Toones会員ページ)から送信する方法

秒速FAXでのPDF送信方法

  1. Toones会員ページにログインし、ブラウザFAX送信ページを開く
  2. 送信アドレス・送信者メールを入力する
  3. 送信先を入力する
  4. ファイル添付の項で送りたいPDFを選択する

送信アドレスは秒速FAX上で取得するアドレス、送信者メールはそれに対応して登録したアドレスです。
あらかじめ送信用のアドレスを取得したり、自分のメールアドレスを登録しておく必要があるので注意しましょう。
また、送信時間を予約することも可能です。

 

通常のメールでPDF送信する方法
  1. 宛先の項に秒速FAXから発行された送信用アドレスを入力する
  2. 件名に送信先のFAX番号をハイフンなしで入力する
  3. 送りたいPDFを添付する
  4. 送信する

会員ページから送信するケースと同じで、こちらでもあらかじめ送信用アドレスを取得し自分のメールアドレスを登録する必要があります。
秒速FAXにはアプリがないので、パソコン・スマホのどちらで送信する場合も同じ手順をとります。

まとめ

いかがでしたか?
このページでは、PDFなどの画像データをFAXする手段として、インターネットFAXでの送信方法を紹介しました。
eFAXなど、PDF以外の画像データを送れるインターネットFAXサービスもあります。
導入を考えている方は、普段FAXで送信しているのがどんな形式の画像なのか、一度確認してみることをおすすめします♪

 

このサイトの一番最初のページでは、efax以外のネットファックス会社も取り上げて、一覧表で料金などを比較しています。
比較して自分にあったサービスを探したい方は、ぜひこちらの記事も読んでみて下さい!

 

>>インターネットファックス会社を徹底比較!【一番コスパが良いのは?】<<