eFAXの使い方解説

メッセージプラスの評判は悪い?faxの料金や送受信の方法を調べてみた

メッセージプラス公式サイト

インターネット上でFAXの送受信ができるサービスについて調べる中で、メッセージプラスの導入を検討している方もいるでしょう。
とはいえ、どれくらいのコストがかかるのか、利用者の評判はどうなのかなどを確認してからでないと判断できないですよね。

 

この記事では、インターネットFAXサービスの1つのメッセージプラスについて、料金や送受信の方法、口コミ評判についてまとめました。
メッセージプラスに関心を持っている方は、ぜひ読んでみてください。

 

更新】

メッセージプラスの評判は悪い?良い?

メッセージプラスを利用したことのある方は、実際のところ、どう感じているのでしょうか?
メッセージプラスに対する口コミを集めてみました。

 

メッセージプラスの良い口コミは?

■手書き機能が良い!
faximoの口コミとは?

 

届いたFAXに手書きで追記して返送ができる点に魅力を感じました。
プリントアウトして書き込み、画像として取り込んで送信、という無駄なプロセスを踏まなくてすむので簡単でいいですね!
FAXをやりとりする業界は結構多いので、これからも頼りにしています。
(20代 男性)

■受信が多いので本当に助かる
faximoの口コミとは?

 

うちの会社はFAXを送信するより受信することの方が多いので、受信が何枚でも無料なのは本当に助かります。
受信料の削減だけでなく紙代の節約にもなり、かなりの経費を削減できました。
『今どきFAX?』と思っていたのですが、年配の方にとってはまだまだFAXって現役なので、こういったインターネットFAXがあると便利ですね。
(50代 女性)

■使いやすいのが良いです
faximoの口コミとは?

 

トライアルがなかったので、最初は『ちゃんとファックスできるのか?』と不安に思っていました。でも、いざ使ってみるとけっこう使い勝手はよかったです。
使い方が簡単なので、年配の社員やパートさんにも説明しやすいです。
やっぱりファックスを全部メールに移行するのは無理がありますしね…。
(30代 女性)

■やりとりする相手もメッセージプラスだと更に良し
faximoの口コミとは?

 

メッセージプラスは受信が無料なうえ、お互いがメッセージプラスだと送信も無料になります。
FAXのやり取りをする相手もメッセージプラスを利用していると、かなりFAXにかかるコストを削減できます!
(20代 男性)

 

メッセージプラスの悪い口コミは?

■FAX番号がもう少し多いと良いのですが
faximoの口コミとは?

 

メッセージプラスに対する一番の不満は、050で始まる番号しか選べないことです。
050のほかに03とか06(大阪)を選べるサービスはいくつもありますし、全国から選べるところもあるみたいですね。
それと比べると、ちょっと見劣りしちゃうかなぁ。
年払いで契約してしまったため、1年は使うつもりですが・・・
(40代 男性)

■送信枚数が少ない人に向いてるかも
faximoの口コミとは?

 

メッセージプラスはあまりFAXの送信をしない人や事業者に向いているサービスですね。
送信1枚で16円とちょっと高いので、送信の方にも無料枠があればいいのにとよく思います。
年払いで初期費用を0円にするくらいなら、送信の方に無料枠を入れてほしいです。
(20代 男性)

 

口コミをまとめてみると、受信が無料である点やメッセージプラス同士だと送信も無料になる点といった、料金面での良い口コミがいくつもみられました。
ただし、送信単価FAX番号を任意で選べないことには不満を持っている方もいたので、これらを総合してメッセージプラスを導入するか判断するようにしてください!

 

\料金面でのメリット沢山!【メッセージプラス】/メッセージプラス公式サイト

メッセージプラスってどんなサービス?特徴は?

messageplus

(引用:http://www.accel.co.jp/communications/)

メッセージプラスは、株式会社アクセルコミュニケーションズが提供するインターネットFAXサービスです。

 

受信料金は無料!

メッセージプラスはFAX受信料が無料
経費を大幅に抑えることができ、更に受信したFAXデータに手書きでコメントを書き込むことができます。
書き込んだFAXデータはそのまま送信もできるので、相手とのやり取りが手軽です。
送受信したデータはクラウド上で保存されるため、PC・スマートフォンなど異なるデバイスからでも扱うことができます。
他のインターネットFAXサービスと同じく、PCのあるオフィスに戻ることなどしなくても手元にあるスマートフォンから必要なデータの閲覧・返信などが可能なのです。

 

留守番電話機能もあり!

また、メッセージプラスは留守番電話としても使えます。
申込時に取得できるFAX番号が受信専用の電話番号も兼ねており、その番号に電話がかかってきた際に不在でも、メッセージは専用サーバーに保管され、PCやスマートフォンに着信通知が届きます。
オフィスにいなくてもお客様からの大事な連絡を逃すことがなくなり、公私でスマートフォン・携帯電話を別にしやすくなるので便利です。

テキストだけの伝言より、音声のメッセージの方が言葉のニュアンスも正確に伝わりやすいでしょう。

 

メッセージプラスを利用する際の料金は?

次に、実際にメッセージプラスを利用するのにかかる料金をみていきましょう。
大量の枚数を送受信した際の料金もシミュレーションしてみたので、自社で毎月使う枚数ではどのくらい料金がかかるかを確認してみてください。

初期登録料 【年払い】0円 【月払い】1,100円
月額料金

【年払い】10,450円(月額換算 871円) 
【月払い】1,045円(年間総額 12,595円) ※初月無料

サービスポイント(初年度のみ)

【年払い】3,000ポイント(200枚分の送信料金)
【月払い】なし

FAX送信料金

1枚16円 or 1枚15ポイント
(メッセージプラス同士は無料)

FAX受信料金 無料
月に100枚送受信した場合 2,645円
月に300枚送受信した場合 5,845円
月に500枚送受信した場合 9,045円
月に800枚送受信した場合 13,845円

表中の料金はすべて税込表示です。
また、「月に○枚送受信した場合」は「月払いの利用料+1枚16枚×枚数」で計算しています。

 

年払い・月払いそれぞれのメリット

メッセージプラスでは「年払い」「月払い」という2つの支払い方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

まず、年払いは初回のみかかる登録事務手数料が0円になり、利用料に関しても月額換算すると月払いより安くなります。
一方で、月払いは利用料が初月は無料になり、年払いほどまとまった金額を一度に支払うことはありません。
全体にかかるコストを少しでも安くしたい方は年払いを、毎月の支払額を抑えたいなら月払いがおすすめです。

 

また、何枚FAXを受信しても受信料は無料です。

メッセージプラスの利用を検討している方は、「自分のところでは毎月何枚のFAXを送信しているか」をもとにして料金のシミュレーションをしてみるのがおすすめです!

 

\何枚受信しても無料!FAX受信が多い方におすすめ【メッセージプラス】/メッセージプラス公式サイト

メッセージプラスの登録方法

メッセージプラスの申し込み

 

メッセージプラスの登録方法は、年払いか月払いかで内容が少し異なります。

年払い クレジットカード決済・銀行振込
月払い クレジットカード決済・口座振替

年払いはクレジットカード決済か銀行振込での支払いのどちらかで、月払いはクレジットカード決済か口座振替のいずれかです。

 

基本的に、どの支払い方法でも以下の手順までは共通です。

  1. メッセージプラスの公式HP上部にある「お申し込み」をクリックする
  2. 希望する商品を選択し、「CARTに入れる」ボタンをクリックする
  3. 「お申し込み数量」を確認したら支払い方法を選択し、「購入手続きへ」ボタンをクリックする
  4. フォームに個人情報を入力したら、利用規約やプライバシーポリシーに同意し、「入力内容を確認する」ボタンをクリックする

 

クレジットカード決済ではこのあと、下記の手順を取ります。

  1. 入力内容に間違いがないか確認して、「カード情報入力へ」ボタンをクリックする
  2. カード情報を入力してから、「申込み」ボタンをクリックする
  3. クレジット決済の完了後、メッセージプラス専用の電話番号とパスワードが発行され、メールで通知される
  4. 本人確認の手続きをする
  5. 所在地を確認するため、ハガキを郵送する。ハガキを受け取ったら申し込み完了

 

銀行振込の手順は、下記です。

  1. 入力内容に間違いがないか確認したら、「この内容で申し込む」ボタンをクリックする
  2. 申し込み完了メールが登録したエールアドレス宛に届くので、内容を再度確認する
  3. 必要な入金が済んだ後、3営業日以内にメッセージプラス専用の電話番号とパスワードが発行され、メールで通知される
  4. 本人確認の手続きをする
  5. 所在地を確認するため、ハガキを郵送する。ハガキを受け取ったら申し込み完了

 

口座振替の方は、下記の手順で行いましょう。

  1. 入力内容に間違いがないか確認したら、「この内容で申し込む」ボタンをクリックする
  2. 申し込み完了メールが登録したエールアドレス宛に届くので、内容を再度確認する
  3. 口座振替依頼書が送られてくるので、必要事項を記入して返送する
  4. 本人確認の手続きをする
  5. 所在地を確認するため、ハガキを郵送する。ハガキを受け取ったら申し込み完了

 

本人確認について

なお、「本人確認の手続き」の詳しい手順は以下のとおりです。

  1. 申し込みやサービスの利用開始後、「本人確認ページ」で必要情報を入力する
  2. 本人確認書類を撮影・確認・アップロードする
  3. メッセージプラスで契約情報と申請書類、画像を照合する
  4. 3の内容に問題がなければ、メッセージプラスからハガキ(転送不要・簡易書留)が送られてくる
  5. 申込者がハガキを受け取ることで、本人確認の手続は完了

 

本人確認書類と補助書類

現時点で「本人確認書類」として認められているものを確認しておきましょう。

□ 運転免許証
□ 運転経歴証明書
□ マイナンバーカード
□ パスポート
□ 住民基本台帳カード
□ 在留カード
□ 特別永住者証明書

 

また、補助書類は以下の2つです。

□ 公共料金領収書
□ 住民票

 

個人や個人事業主の場合は、本人確認書類から2つ、または本人確認書類と補助書類の1つずつを提出する必要があります。
法人の場合も必要な書類は同じです。

 

メッセージプラスで利用できるfax番号は?

メッセージプラスのfax番号

メッセージプラスのサービスを利用すると、NTTコミュニケーションズの「050」で始まるFAX番号を取得できます。
「03」や「06」のような市外局番は選べません。

050以下の番号も申込時にすべて指定されるので、FAX番号については完全指定です。

 

市外局番を任意で選べるインターネットFAXサービスが多いなか、これはデメリットといえる特徴かもしれません。
ただ、「050」で始まるFAX番号も悪いことばかりではありません。
最初から地域と関係ない市外局番であれば、移転や引っ越しを行っても「市外局番と所在地が一致しない」という事態を避けられます。
市外局番を使った方が相手から信頼されやすいケースが多いですが、所在地とズレがあれば逆に不信感を持たれてしまうでしょう。

 

メッセージプラスの送信方法

メッセージプラスでは、管理画面ページ・メールソフト・スマホアプリの3つからFAX送信ができます。
まずは、管理画面からの送信手順をみていきましょう。

 

管理画面から送信する方法

  1. メッセージプラスの「管理画面」を開く
  2. 「FAX送信」を選択する
  3. 送信先のFAX番号を入力する
  4. 「ファイルの選択」ボタンをクリックし、送信するファイルを選択する
  5. 「送信の確認」をクリックし、送信内容を確認する
  6. 「送信」ボタンをクリックする

 

メールソフトから送信する方法

次はメールソフトからの送信手順です。
ただ、メールソフトからFAX送信したい場合は、管理画面の「メールFAX送信設定」で設定を変更しなければならないので注意しましょう。

  1. メールFAX送信の部分を、「利用しない」から「利用する」に変更する
  2. 送信元メールアドレスの設定の部分にメールアドレスを入力し、「追加」ボタンをクリックする
  3. メールソフトを立ち上げる
  4. メールの新規作成を開き、To欄に「送信先のFAX番号+@mailfax.messageplus.jp」を入力する
  5. FAX送信したいファイルを添付し、送信する
メールソフトで送信する際の注意点

メールソフトでFAX送信する際の注意点として、件名や本文にテキストを入力しても、その内容は送信されません。
送付状などもセットでFAX送信したい場合は、添付するファイルに送付状のデータも連結させておきましょう。

 

スマホアプリからの送信方法

最後に、スマホアプリからの送信方法をみていきます。

  1. App StoreかGoogle Playでメッセージアプリをダウンロードする
  2. アプリにログインし、「FAX送信」のページを開く
  3. 送信先のFAX番号を入力し、「送信先の追加」をタップする
  4. 送信するファイルを選択し、「送信の確認」をタップする
  5. 内容に問題がなければ送信する

アプリの項目に「FAX送信履歴」があるので、無事に送信されたかを確認したいときはそのページを開きましょう。

 

\様々な手段で送信可能【メッセージプラス】/メッセージプラス公式サイト

メッセージプラスの受信方法

メッセージプラスでは、受信したFAXデータをPCからでもスマートフォンからでも確認可能です。
受信メッセージはTIFFまたはPDF形式で閲覧できます。

 

受信したFAXの確認方法

確認方法は、メッセージプラスにログインした後、「FAX受信一覧(PC)」か「メッセージ一覧(スマホアプリ)」で確認したいメッセージを選択するだけです。

 

専用アプリケーションがおすすめ!

PCで手軽に受信したFAXデータを確認したい場合は、メッセージプラスのWindows専用アプリケーション「QuickViewer for メッセージプラス」がおすすめです。
FAXを受信すると、ポップアップで受信通知が届きます。
その通知をクリックするとFAX受信メール画面が起動するので、いちいちメッセージプラスを立ち上げずに済みます。

 

この「QuickViewer for メッセージプラス」を通すと、WordやExcelのファイルをFAX機へ送信することも可能です。
また、FAX@adapterを使用したインターネットでのFAX送信もできますよ。

 

メッセージプラスにはアプリもあり!

送信方法の項目でもふれましたが、メッセージプラスにはスマホアプリもあります。
App StoreかGoogle Playでメッセージアプリをダウンロードし、PCのときと同じようにログインするだけです。
スマホですばやくFAXの送受信や確認をしたい方には是非おすすめしたい機能です♪

 

App Storeでアプリをダウンロード

messageplusアプリiPhone

(引用:https://apps.apple.com/jp/app/%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9-messageplus/id526367488)

こちらはスマートフォンのほか、iPadでも扱えますよ。

 

Google Playでアプリをダウンロード

messageplusアプリAndroid

(引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.acc.spqv&hl=ja&gl=US)

 

\アプリでスムーズにFAX送受信!【メッセージプラス】/メッセージプラス公式サイト

更に詳しいメッセージプラスQ&A!

ここまで解説したこと以外にも、メッセージプラスに対して細かな疑問を感じている方もいるでしょう。
この項では、よくある質問に対する回答をまとめました。

 

faxで送受信できるファイル形式

メッセージプラスでは、下記の形式のファイルをFAX送信できます。

送信出来るファイル形式

Word(Microsoft Office 97,98,2000,2003,2007,2010,2013)
Excel(Microsoft Office 97,98,2000,2003,2007,2010,2013)
PowerPoint(Microsoft Office 97,98,2000,2003,2007,2010,2013)
PDF
TIF
Text
JPG
PNG

対応バージョンは比較的古めですが、Word・Excel・PowerPointも送信できるのは嬉しいポイントですね。

 

今使っているFAX番号をそのまま使える?

メッセージプラスに申し込んだ時点で、「050」から始まるFAX番号を割り振られます。
その「050」番号へ着信転送ができるのなら、今使っているFAX番号も使用可能です。

着信転送ができるかは電話会社によって異なり、転送料も発生します。
問い合わせて確認しましょう!

 

海外とのFAXの送受信はできますか?

メッセージプラスで海外へのFAX送信はできません。
送信できるのは、国内のFAX番号か他のメッセージプラスの番号のみです。
一方、受信については海外からでも問題なくできます。
ただし、海外の国際電話が「050」番号に接続できない場合は受信不可です。

 

FAX送信できない番号はある?

メッセージプラスでは、以下の番号への送信はできません。

送信出来ないFAX番号

110
119
0570(ナビダイヤル)
020(発信者課金)
「090」から始まる番号
「080(0800 は除く)」から始まる番号
「070」から始まる番号
「0990」から始まる番号

 

メッセージプラスの番号で通話はできる?

メッセージプラスで割り振られる「050」番号は、留守番電話機能で使える電話番号も兼ねています。
ただ、あくまでも受信専用なので、通常の通話はできません。

 

複数名でメッセージプラスのメッセージを確認できる?

複数で同時にログインして確認することはできませんが、複数アカウントで順番にログインすることは可能です。
後からログインする人が優先となるので、先にログインしていた人はログアウトされます。

 

月払いから年払いへの変更はできる?

月払いから年払いへ変更することは可能です。
ただ、途中からの変更では年払いの「登録事務手数料0円」は適用されません。

最低でも1年は使う予定があるのなら、最初から年払いで申し込むのがおすすめです。

 

解約するにはどうすればいい?

メッセージプラスの解約はホームページからできます。
ログインして管理画面を開き、「設定」?「解約/解約解除の手続き」へと進みます。
必要な情報の入力とアンケートへの回答をした後、解約申請を行います。

1つ注意が必要なのは、月の途中で解約申請したとしても、月額料金は日割りされないことです。
あらかじめこれを踏まえて解約をしましょう。

 

1回のFAX送信で複数のファイルを送信できる?

メッセージプラスでFAX送信できるファイルは、1回の送信につき1種類です。
異なるファイルを送信したい場合は、複数回にわけて送信するか、1つのファイルに結合するかしておきましょう。

 

受信件数が500件をこえるとどうなる?

500件をこえた受信データは、古い順に削除されていきます。
一度削除されたデータは復元できないので、重要なものや取っておきたいものは保存しておくようにしましょう。

メッセージプラスはこんな方におすすめ!

メッセージプラスの利用をおすすめしたいのは、以下の条件にあてはまる方や業種です。

 

FAXはほぼ受信専用である(送信枚数が少ない)
受信無料をいかしてコストを削減したい
FAX番号にこだわりがない
アプリで手軽にFAXの送受信がしたい
留守番電話機能が必要
メッセージプラスを使っている方が身近にいる
不要になったらすばやく解約したい

 

メッセージプラスの「FAX受信は無料」というメリットを最大活用できる方は、特におすすめです。
また、FAXのやり取りをよくする相手もメッセージプラスを使っていれば、お互いに送受信が無料になるのでさらにお得になります。

 

FAX番号を任意で選べないのはデメリットではありますが、番号にこだわりがない方であれば問題ないでしょう。
また、アプリから簡単にFAXの送受信ができるので、外出が多く、PCを開く手間も惜しみたい方にもおすすめできます。
解約する際も、わざわざ電話をかけなくてもWeb上でさくっと完結するので、煩わしさがありません。

 

\受信料金無料!コストを重視する方におすすめ【メッセージプラス】/メッセージプラス公式サイト

まとめ

いかがでしたか?
メッセージプラスはFAX受信が無料なので、受信をメインで利用する方は特にコスト削減できます。
ほかにも留守番電話機能や手書き機能など、他社サービスではあまり見られない機能もあり、使いこなせれば効率的に作業を進められるでしょう。

 

FAX番号が完全指定だったり、FAX送信の料金がやや高めだったりしますが、「FAX番号はなんでもいい」「受信はするけど、送信はほとんどしない」という方であれば、デメリットにはなりえません。

 

前項の「メッセージプラスはこんな方・こんな業種におすすめ!」に当てはまるようであれば、メッセージプラスの導入を検討してみてください。